NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

株式会社NTTデータ スミス

intra-mart

変化するビジネスシーンを支える「システム基盤」

真に有益な「システム基盤」とは・・・?
継続的に安定して利用でき、新技術を基盤側で吸収し、拡張性が優れている「Open」な要素。
スピーディーなシステム開発による高い投資効果、システム開発の容易性はもちろん、長く利用することが可能であるため、TCO削減につながる「Easy」な要素。

【Open】

  • オープンソースソフトウェア(OSS)を組み込んだシステム基盤
  • intra-mart製品もソースコード公開
    カスタマイズ・拡張が自由
  • OSS 含めて一括インストール、一括保守サポート

【Easy】

  • 高速開発を実現する開発フレームワーク
    スキルに応じた充実の開発ツール、JavaEEフレームワーク、簡易スクリプト開発、簡易画面開発ツール
  • 完成度の高い豊富な業務コンポーネント群
    アクセスセキュリティ・ワークフロー・BPMをはじめ、モバイル、ポータル、ERP連携、ソーシャル・・・等
  • 長く使い続けられるシステム基盤
    コンポーネント単位の部品追加や入れ替え可能
  • 豊富なアプリケーション群の品揃え
    情報系から基幹系までが揃います
  • クラウド/オンプレミスを問わない基盤
    導入型でもサービス利用型でも活用が可能。
    SaaS事業者用のライセンスもご用意しています
  • 圧倒的低コスト

統合型フレームワーク&アプリケーションによるSOA・BPMプラット フォーム

フレームワーク上に用意されているコンポーネント群を利用することで、従来ゼロから開発していた複雑で大規模なWebシステムでも、既存システムと連携した統合Webフロントとして短期間かつ高品質に構築できます。
またソースコードも公開されているので、自社独自の機能拡張フレームワークに発展させることができます。

統合型フレームワーク

こんなお悩みに…

  • システムが乱立していて、管理・運用・保守が大変
  • intra-martの開発ノウハウの豊富な会社に開発を依頼したい
  • せっかくのintra-mart。自社開発もしてみたい

NTTデータ スミスにおまかせください!

  • システム共通基盤への集約で、管理・運用・保守を統合
  • また基盤に集約することで、、開発方針・ノウハウ・IT投資を効率的に
  • スミスは豊富なintra-mart導入実績がございます
  • 特に流通業向けのシステムではintra-martを複数のアプリケーション基盤として活用しております
  • スミス社はintra-martのEUCツール「IM-BIS」を利用した開発を得意としております
  • 開発時にスキル・ノウハウをお客様と共有しながら製造工程を進めます

関連リンク